講演会(社会科学研究所)
Leonardo R. Arriola氏講演会(社会科学研究所)
選挙権威主義体制における閣僚任命と野党の分裂
日時:2018年3月28日(水)12:15~13:45 (11:45開場)
*お昼時ですので、ランチをご持参して頂いても結構です。ランチを召し上がりながらのご参加も歓迎致します。

場所:東京大学本郷キャンパス 赤門総合研究棟 549室
キャンパス内の地図はこちら

講師:Leonardo R. Arriola (Department of Political Science, UC Berkeley)
講師についてはこちら

要旨:独裁制の下での選挙は、独裁者が反対勢力を「分裂させて征服する」ことを可能にする制度的手段として使用され得る。すなわち、選挙前に現職者が戦略的に内閣改造を行い、野党議員を入閣させる可能性を示すことで反対勢力を分裂させるのである。アフリカ36カ国の閣僚任命に関するデータを分析することで、選挙前の内閣改造の割合が高いほど、野党候補者数が増えることを明らかにする。これにより、独裁者が選挙違反や選挙操作を行うことなく、このような手段を通じて野党を弱体化させる可能性があることが示唆される。